macOS Mojave VirtualBox Ubuntu 16.04 で Intel Movidiusを動かす方法!

はてなブックマーク - macOS Mojave VirtualBox Ubuntu 16.04 で Intel Movidiusを動かす方法!
LINEで送る
Pocket

今日の記事は

macOS Mojave VirtualBox Ubuntu 16.04 で Intel Movidiusを動かす方法!

をご紹介します!

macOS Mojave VirtualBox Ubuntu 16.04 で Intel Movidiusを動かすには、実はいくつかトリッキーなことをやならければいけないです。

それを皆さんと共有して、皆さんも同じ環境で試す時のご参考になれば嬉しいです!

Intel Movidius

最近の機械学習がマイブームになって、色々手を出しています!笑

その中に、ずっと前から気になっていたMovidiusもついに入手!

 

Movidiusを箱から出して

アルミの本体が結構かっこいいです!

Raspberry Piでの試行錯誤

その後ちょっとRaspbery Piと繋いて、実験してみました。うまくいきませんでした。

そのために、新しい Raspberry Pi 3B+も調達したりしていました。

こんな感じで繋いて

新しいRaspberryPiでコンパイルしても

なかなかうまくいきませんでした。ネットを調べると、うまく行った事例もありましたので、私の操作の手順がどこかで間違ったかと思われます。

(追伸:Raspberry Piでできました!サンプルコードが実行できました!これもあとで、記事にまとめます!)

記事もできました、こちらです!

RaspberryPi 3B+とIntel Movidiusで、サンプルコードを動かす

 

一回気分転換で、別の環境でやりましょう!

本系のサイトで、下記の環境にインストールが可能と記述しています:

https://movidius.github.io/ncsdk/install.html

  • Ubuntu 16.04
  • Raspberry Pi 3(Raspbian Stretch)
  • Virtual Machine
  • Docker
  • Python Virtualenv

VirtualBoxでやってみましょう!

私は、UbuntuのPCも数台持っていましたが、その中で一番都合の良いPCがなんとUbuntuの18.04が入っていて、そもそも、コンパイルができませんでした。

UbuntuのPCにインストールするのを断念して、VirtualBoxでやろうと決めました。

実は、ここにもいくつかトリッキーなことが待ち受けています。

下記の三つのステップが必要です!

VirtualBox 5.2.22 Oracle VM VirtualBox Extension Packのインストールが絶対必須です。

これがないと、host マシンのusb(今回のMovidiusとVideoカメラ)が使えないです!

https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

②VMの属性設定を追加する

自分のVM(今回のMovidius用のUbuntu 16.04)を選んで、設定ボタンをクリックして

下記の画面が出てきます。ここでポートをクリックして

USBのタブを選びます。

ここでは、すでにMovidiusがさしている状態にしてください。

そうすると、画面の右にある、USB追加の小さいアイコンがクリックすると、Movidiusが小さいメニューに現れます。

そこから選んで、上の、USBコントローラーを3.0を選んでください。MovidiusはUSB3.0でないと、正常に動かないかもしれません。

こうなります。

③host(今回は私のmacOS Mojave)のvideoカメラとUSBにさしているMovidiusをVMにattachする!

ここで、面白い現象がありましたが。attachしないと、まず、videoがない、(Movidius)Deviceがないと怒られて、プログラムが実行できません!

このステップは必須だと思われます。

具体的なコマンドは下記の通りです。

A.実行中のVMのリストを出します。

上の結果になります。

“Xubuntu1604 Movidius用”は今回のVMの名前です、下のコマンドで使います。

B.今のMacのvideoカメラのIDを出します。

上のようなidが表示されます。「0x1410000005ac8600」

C.そうしましたら、このidのwebcameraをVMとattachします。

そうすることによって、VM(Ubuntu16.04)でもそのwebcameraが使えるようになります。

下記のコマンドとなります。

Modiviusのほうも同じようにattachしなければなりません

D.USBのリストを出します

このUUIDがあとで使います:

7aa17c35-ef66-4223-9d38-bffd738f6aa8

E.このusbをVMにattachします

こうしておけば

VMの中で、サンプルコードは初めて、実行できるようになります!

ただ!ここで、ちょっと不思議な現象がありました!

サンプルコードを実行して、停止すると、次のサンプルを実行すると、また「Devide not found」が表示されます。

実はMac側でusbのIDが変わってしまうのです。

ここで、もう一回DとEの手順をやる必要があります。この現象が分かる方がいれば、ぜひ教えてください。

VMの中で(Movidiusを使う)サンプルコードを実行するたびにhost側のusbのidが変わってしまうようです。

まとめ

今回がmacOS Mojave VirtualBox Ubuntu 16.04 で Intel Movidiusを動かしたということは、Movidius本体が正常に動作することが確認できました。また公式が提供しているプログラムの方にも問題ないと言えます。

Raspberry Piでは、おそらく、バージョンがずれているのが原因だったかもしれません、また時間を作ってチャレンジしてみます。

また、Raspberry Piの方でも、動かせたら、また色々まとめて共有します!お楽しみに!

はてなブックマーク - macOS Mojave VirtualBox Ubuntu 16.04 で Intel Movidiusを動かす方法!
LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies. more information

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.

Close