ESP32をアクセスポイントにした上、ウェブサーバーを立てる!

はてなブックマーク - ESP32をアクセスポイントにした上、ウェブサーバーを立てる!
LINEで送る
Pocket

ESP32 Access Point and Web Server!

前回、ESP32でLチカをやってみましたが

ESP32はそれより、はるかに色々できます!

MacでArduinoIDEとESP32でLチカ

Wifiのモジュールが搭載していますので

Wifiのクライアントになることがもちろんですが

ESP32自身がWifiのアクセスポイントにもなるのです!

さらに!

さらに、ESP32の中にウェブサーバーを立てることもできます!

今回の記事では、その方法を一挙ご紹介したいと思います!

いきなりソースコード

「Shut up, and show me code」はい、ソースコードはこれです!

これを実行すれば、OKです!笑

手順

①上のソースコードをArduino IDEにコピーしてファイル名をつけて保存しましょう。私はesp32apにしました。皆さんは自分の好きな名前でどうぞ。

②それから、ボードへ書き込んでください。

③パソコンから、Wifiの接続候補リストを出してみてください。 プログラムの中に設定されているSSID:ESP32apが出ているはずです。

④ESP32apを選んで、パスワード「12345678」を入力して、Wifiに接続します!

⑤接続が確立しましたら、ブラウザーで「https://192.168.4.1/」を開いてみてください。

上の画面が出れば成功です!

おめでとうございます!

こな小さいChipにWifiアクセスポイントができて、ウェブサーバーも動いて、原理が分かっていても、ちょっと感動です!

いかがですか?

試してみませんか?

展望

これの発展系としては、次は、ウェブをREST APIを用意できれば

WebページからESP32に接続したサーボを制御したり、指示を送ったり

あるいは、ESP32に接続しているセンサー類からデータを取得して

ウェブに表示したりすることが普通にできるはずですね。

色々、楽しみです。

質問等があれば、私のTwitterでもDMしていただければ、可能な限りご回答を致します。

よろしくお願いします。

はてなブックマーク - ESP32をアクセスポイントにした上、ウェブサーバーを立てる!
LINEで送る
Pocket

3 Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies. more information

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.

Close