RaspberryPiとシリアル接続

はてなブックマーク - RaspberryPiとシリアル接続
LINEで送る
Pocket

RaspberryPiとシリアル接続

RaspberryPiを使って、実験したり、IoT電子工作したり、実際に保守運用したりすると、当たり前ですがRaspberryPiに接続して、設定やプログラミングなど様々な操作をします。

その際に、RaspberryPiと接続する方法がいくつかがあります。

直接接続

RaspberryPiと電源、モニター、キーボード、マウス(あとは、必要な周辺機器、センサー類)

SSH接続

電源は必要ですが、その他モニター、キーボード、マウスを接続するとき、少し煩雑な場合は、ネットワーク越しにssh接続することがよくあります。ssh接続がデフォルトで無効になっていますので、RaspberryPiのOSを作成するときに、空のsshファイルを作成して、Raspberry PiのOSカードにコピペしてあげることで、有効にすることが可能です。

下記の関連記事をご参照ください。

Raspberry Pi OSインストール

VNC接続

sshと形態が同じですが、こちらもネットワークを経由して接続する方法です。

sshと違って、デスクトップの操作やGUIが必要な場合は、VNCの方が直感的です。この場合はVNCのクライアントソフトウェアが必要です。あるいはChromeのVNC extensionを使うこともできます。

Xサーバ接続

RaspberryPiがLinux系のOSが(DebianベースのRaspbianなど)が動いている場合はXサーバが動いているので、Xサーバ経由で接続することが可能です。(もちろんRaspberryPi側はデスクトップ環境が入っている前提ですが)

MacOSですと、XQuartzがデフォルトで入っていますので、XQuartzを使って、RaspberryPiと接続することが可能です。

USB-シリアル接続

あと、ネットワークに障害は発生した場合、モニターなども使えない環境ですと、最後の手段として、USB-Serialで接続することが可能です。


USB側はパソコンと接続します。

シリアルは側はピンジャンパーとRaspberryPiと接続します。(写真にあるのはRaspberryPi3と愛用しているアルミ削り出し専用ケースです。)

シリアル接続する際に、USB-TTLシリアルコンソール変換ケーブルが必要です。

シリアル通信を有効に

重要:シリアル通信をできるようにするために、SDカードを作成し、初回起動時に

で、シリアル通信を有効にしないと、運用中のRaspberryPiが障害発生し、ネットワークも接続できない状態ですと、辛い思いをすることになるでしょう。設定はお早めに!笑

ドライバーのインストール

USB-シリアルのケーブルが認識してもらうためには、ドライバーのインストールが必要です!

ドライバーのダウンロードはこちらです。

https://learn.adafruit.com/adafruits-raspberry-pi-lesson-5-using-a-console-cable/software-installation-mac

“Prolific Chipset” 向けのドライバを入れましたら /dev/tty.usbserial として認識してくれます。

通信開始の手順

①usb-serialケーブルを接続します。

②私の環境では、MacOSですので、下記の命令を実行すると

③RaspberryPi電源投入

最初はブランクの画面

一回Enterキーを押すと

RaspberryPiへのログイン画面が出てきます!

無事ログインできました! ttyS0が確認できます。(上の写真の赤いマーク)

ttyS0

もし

が表示されましたら、他のscreenコマンドで、/dev/usbserialと接続するプロセスが停止していない可能性があります。

終了手順

sudo shutdown -h now で Pi3 の電源を落としてください。

②screen の window を Control-a k で kill します。一回「本当にkillしていいですか」の確認メッセージが出ます。

kill実行する前のプロセスと実行後のプロセスが確認できます。

③最後ケーブルを抜く(Ctrl+Cではなくて!)

この手順を忘れると、Macのシャットダウンができなくなったり、Pi3 への再接続ができなくなったりする可能性がありますので、ご注意ください。ケーブルを抜くことで、screenコマンド実行状態からexitします。

シリアル接続は、そのまま接続して入れば、rebootしても、当たり前ですが、sshのように切れたりしません。何故ならば、物理接続ですので、rebootしても、情報が常に流れています。

はてなブックマーク - RaspberryPiとシリアル接続
LINEで送る
Pocket

One Comment

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies. more information

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.

Close