Raspberry Pi OSインストール

はてなブックマーク - Raspberry Pi OSインストール
LINEで送る
Pocket

Raspberry Piを買いました!次はどうする?

Raspberry Piは小型のコンピュータです。コンピュータにはOSが必要です。

Raspberry Piに様々なOSをインストールして運用することができます。(LinuxもWindowsも)

OSイメージをダウンロードする

まず、本家のサイトからあなたの使い慣れたOSを選んでください。

私がよくDebian系のLinuxを使うことが多いですので、この記事では、Raspbianを使います。インストールの手順に関してはみんな同じなので、ご参考になればと思います。(あくまでも私の個人の好みですので、皆さんはご自身のOSをお選びください。)

Downloads

Raspbian Raspberry Pi のためのDebianです。(DebianはLinuxのDistroの一つです。Ubuntuのベースにもなっています。)

Raspbian

デスクトップ版は 「RASPBIAN STRETCH WITH DESKTOP」を選んでダウンロードしてください。

デスクトップ環境が要らない場合(サーバーとして使う場合など):「RASPBIAN STRETCH LITE」を選んでダウンロードしてください。(あとでデスクトップ環境が必要になった場合、デスクトップが追加できます。)

ダウンロードはTorrentを使ってダウンロードした方がすこい早いです。

私が、Transmissionをよく使います。https://transmissionbt.com/

OSイメージをSDカードに焼く

ダウンロードしたあと、ダウンロードしたOSイメージをSDカードに焼く必要があります。

私は、Etcherを使っています。

https://etcher.io/

Etcherがすごく使いやすくて、SDカードをパソコンに挿入すると、自動的に認識してくれますので、誤操作のリスクも減ります。

実はetcherはオープンソースのプロジェクトでもあります。レポジトリはこちらです。https://github.com/resin-io/etcher

イメージをFlashするのが始まったら、しばらく待つだけです。

システム起動する前の準備

イメージの書き込みが完了しましたら、もう一つ作業があります。

デスクトップ環境のある場合、電源、ディスプレイ、キーボード、マウスをつけて

デフォルトのログイン情報(ユーザー名:pi/パスワード:raspberry)でログインできますが

デスクトップ環境のない場合は、まずsshで別の端末からログインしなければいけんませんので、ここで下記の作業が必要です。

別のパソコンでsshという名前の中身のないファイルを一つ作っておきます。

このファイルを、書き込み完了後のSDカードのルートにコピーするだけで良いです。

もちろん、最初は無線LANが設定されていないので、有線LANを繋げている状態にしてください。

電源ON!

最後、このSDカードをRaspberryPiの本体に挿入して、電源ONにすれば、RaspberryPiが使用可能です!

デスクトップに起動したあと、またいくつかやることがあります。下記の記事をご参照ください。

メリークリスマース!Raspberry Piの最初の起動でやること

最初は、Wifiの設定とかもできていないので、ケーブルでLANに繋がるあるいは直接に、モニターキーボードで接続している前提です。

一番最初からwifiが使えるためにmicroSDカードでの設定は下記の記事をご参考ください。

一番最初からRaspberry Piの無線LANをmicroSDで設定する方法

sshが使えるようになったとはいえ、まだ油断してはいけません。

特にネットワーク関連こそ障害が起こった場合、ネットワーク接続そのものが利用できないので、別の接続する手段が必要ですが、直接にキーボードやモニターなど接続できる環境でしたら、良いですが、もしあたながリモートでサポートする立場でしたら、場合によっては2、3時間の新幹線を意味することがあります!笑(実際にあった話)

なので、そうならないために、Raspberry Piを設定したら、ついでに、USB-シリアル接続も有効にしておきましょう!

RaspberryPiとシリアル接続

Raspberry Pi 2固定IPの設定

他に必要な設定

最後、色々インストールして、スペースがなくなる前に、これをやっておきましょう!

SDカードの使われていない領域を開放し、すべての領域を使えるようにしましょう!

 

設定が終わりましたら、再起動しますかと聞かれます。

Yesと答えて再起動しましょう!

これで、Raspberry PiのOSのインストールと準備はOKです!

Raspberry Pi3とRaspberry Pi Zero Wも同じ手順です。(Raspberry Pi Zero Wの場合は、Strecth Liteを使うことが多いです。)

はてなブックマーク - Raspberry Pi OSインストール
LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies. more information

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.

Close