ESP32でMicroPythonを試す!簡単ですぐできました!

はてなブックマーク - ESP32でMicroPythonを試す!簡単ですぐできました!
LINEで送る
Pocket

ある機会でMicroPythonを知りましたが

ちょっと難しそうな感じですし

今ArduinoIDEとかもあるし、わざわざMicroPythonを使う理由があるのと思いましたが

何事もそれを触って知ってからでないと評論もできないと思います。

今回、ちらっと簡単にMicroPythonを試してみたいと思います。

https://micropython.org/

バイナリをダウンロード

私はMacでESP32で試しますので、

こちらのファイルをダウンロードして使いました。

https://micropython.org/download#esp32

esptool.pyをインストール

その後、esptoolをインストールします。

権限エラーになった場合はsudoを付けて実行してみてください。

ESP32ボードを接続しシリアルポートを確認

私がこちらのボードを使っています。

このボードをMacに接続すると “/dev/tty.SLAB_USBtoUART” と出てきます。

で確認できます。

以下ではこの名前で参照します。適宜、自分の環境に合わせて読み替えてください。

バイナリを書き込む

その後、下記の通りesptool.pyでコマンドを実行してください。(esptoolだけだと実行できません、必ずesptool.pyで実行してください。)

 

※micropythonのファームウェアをESP32に書き込むことで技適の認証に抵触する可能性があります。あくまで自己責任でお願い致します。

接続してみよう

下記のコマンドで、ESP32に「入りましょう!」

そうしましたら、画面上が下記のような表示になります!

>>help()

入れで、ヘルプ情報を表示してみましょう。

問題がなければ次のステップ

いきなりWifiアクセスポイントを立ち上げよう

そのまま下記の内容を入力してみよう

そうすると、MacOSでも他のパソコンでもいいですが

Wifiを探してみましょう!

“ESP_xxxx” というSSIDのアクセスポイントが見えるようになります。

パスワードは設定されていません。そのままそのWifiに接続することができます。

疎通テスト

そうしましたらPingを実行してみましょう!

ESP32はほとんどの場合、192.168.4.1になっています。

いかがでしょうか?ちゃんっと無線LANになっていますか?笑。

まとめ

これは、正直、自分が思ったより、簡単でした!

しかも三行で、Wifiのアクセスポイントを立ち上げることができたので、感動です!

ESPでArduinoのIDEでアクセスポイントを作ったことがありますが

ESP32をアクセスポイントにした上、ウェブサーバーを立てる!

MicroPythonの方が簡単かな

この後は、サーバーを立てることをチャレンジしてみたいと思います。

ではまた!

はてなブックマーク - ESP32でMicroPythonを試す!簡単ですぐできました!
LINEで送る
Pocket

2 Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies. more information

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.

Close