Jetson nanoにVS Codeをコンパイルしてインストールする

はてなブックマーク - Jetson nanoにVS Codeをコンパイルしてインストールする
LINEで送る
Pocket

Jetson nanoにVS Codeをコンパイルしてインストールすることができます!

筆者はVS CodeのLinux用のパッケージはそのままインストールできました。おそらくCPUのアーキテクチャーの問題です。

なので、コンパイルしてインストールしかないです。

この前の記事、PyCharmをインストールしました。PyCharmで十分だと思う人はぜひそちらの記事を参考してPyCharmを導入してみてください。

Jetson nanoに Pythonプログラムを編集するためPyCharmを使えるようにする

ステップ0:必要なもの

git

まだない人は、下記のコマンドでgitをインストールしてください。

curl

curlがまだない人は下記のコマンドでインストールしてください。

makeとGCC などの compile toolchain

GCCとmakeはまだない人は下記のコマンドでインストールしてください。

pkg-config

まだない人は下記のコマンドでインストールしてください。

Node.js

x64, version >=10.15.1, <11.0.0 これは、あとでNVMを使ってインストールします。「ステップ3」を参照してください

Yarn

そのインストールは次の「ステップ1」を参照してください。

swapfileの設定

ここは、下記のからあげさんの記事のswapfileの設定を参照してください!

https://qiita.com/karaage0703/items/b14c249aa33112669ee4

 

ステップ1:Yarnをインストールする

yarnは新しいnpmです。JavaScriptの世界のpip、gem、composer、homebrewです。

スピードの早いJavaScriptパッケージマネージャーです。

これで、aptコマンドを使ってyarnをインストールできるようになります。

ステップ2:必要なUbuntuパッケージをインストールする

ステップ3:nvmとnode.jsをインストール

ここでは、nvmを使って、node.jsを導入します。

それから、nvmを使って、node.jsの安定板を入れます。

上に書いたように、node.jsのバージョンは11以上だと、正常に動作しない場合があります、注意してください。

そうしたら、次のコマンドを実行して、インストールしたnode.jsのバージョンを確認してください。

10.16.0(今現在の10.X系の最新版)みなさんのとは違う場合があります。

これで、実行環境が用意できました。

次は、VS Codeのソースコードを入手します。これからのワーキングディレクトリは任意でいいですが、私はホームディレクトリの直下にしています。

 

ステップ:VS CodeのソースコードをCloneする

これでソースコードを自分のJetson nanoに持ってきました!

 

ステップ:まず必要JavaScriptパッケージをインストールする

このステップは、yarnを使って、JavaScriptのパッケージをインストールします。

みんなご存知かと思いますが、VS Codeは electronというフレームワークを使って作られたデスクトップアプリケーションですが、electronは全部JavaScriptで書いています。

他にelectronを使ったアプリケーションは、Slack, Atomなどがあります。なので、このステップはVS Codeとelectronに必要なパッケージをインストールしないと、次のステップには行けません。

このステープは数分程度で終わります。

ステップ:ビルド

ここで結構時間がかかります!

minify-vscodeのステップも結構時間がかかります!辛抱強く待ちましょう!

このステップで、インストール用のパッケージを用意する手前ですね。

できました!

 

ステップ:インストールできるdebパッケージを作る

 

 

再起動

(アプリケーション検索から起動する場合は再起動しなくても良いです。)

Ubuntuのアプリケーション検索を使えば、ちゃんとインストールされていますね。

名称は、[Code-oss]ですね。

そのまま、アイコンをクリックして、あるいは、再起動してTerminalで下記のコマンドを実行してください。

無事起動できれば、成功です!

 

最後Pluginを使えるようにする

コンパイルして、インストールしたVS Codeは最初にextensionGalleryの設定されていなくて、Pluginは見えません、検索しても出てきません。

下記の設定を完了させてください。

Home/vscode-linux-arm64/resources/app/product.jsonを見つけてください。

好きなEditorを開いて内容を編集してください。

下記の内容を追記してください。

前のブロックの後ろに「,」を忘れないでくださいね。

これを保存して、VS Codeを再起動すれば、extentionGalleryが見えます!

完璧!あとはもう大丈夫ですね!

 

わー!嬉しい、これでJetson nanoでもVS Codeの様々な素敵なプラグインを使えるようになりますね!

まとめ

いかがでしょうか、なかなか面倒臭いでしょう?笑。できれば、Jetson nano用のバイナリパッケージが欲しいですね。コマンド1行でインストールできるのが楽ですね。

でも、これもこれで、勉強になって、知見を得られるチャンスになったので、体験するのも悪くないと思います。

私の著書「今すぐ試したい!機械学習・深層学習(ディープラーニング)プログラミングレシピ」がアマゾンで予約開始しました! 初心者向けなので、是非買って読んでみてください!(^O^)/

はてなブックマーク - Jetson nanoにVS Codeをコンパイルしてインストールする
LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies. more information

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.

Close