M5Stackでビットコインの価格(日本円)を取得して表示する!

はてなブックマーク - M5Stackでビットコインの価格(日本円)を取得して表示する!
LINEで送る
Pocket

前の記事でESP32でビットコインの価格(日本円)を取得して表示する!というのをやりました!そうすると、M5Stackももちろんできますよね!

M5Stackの中はESP32ですから!しかもボタンも液晶ディスプレイもあります!

前の記事を参照した方は、下のリンクでどうぞ!

ESP32でビットコインの値段(日本円)を取得して表示する!

 

M5Stack

結果は上の写真のような感じになります。Wifiに接続したら、5秒間隔でビットコインの価格を取ってきて表示します。

 

環境の用意

前のESP32でビットコインの価格を取得、表示する記事ではArduino IDEを使っていましたが、今回はPlatformioを使います。

初めてPlatformioを聞いた人は、下記の記事を参照してください。

platformioでESP32がwifiに接続まで試してみた!

Platformioで開発する場合は、ArduinoJsonのインストールが必要です。

インストールしないと、ArduinoJsonが見つかりませんとエラーになります(そりゃそうだよね)。

Plaftomioのホーム画面から、ライブラリのタブをクリックして、検索欄に「ArduinoJson」を検索して、検索結果にArduinoJsonの候補が表示されたら、クリックします。

ArduinoJsonの画面で、「install」ボタンをクリックして、インストールします。これで、プログラムからArduinoJsonが使えるようになります。

私の方では、以前の実験でM5Stackのライブラリもインストール済みでしたので、このままM5Stackのライブラリも使えますが

みなさん初めての場合は、今の手順と同様にM5Stackなど必要なライブラリも入れておいてください。

 

プログラム

早速、プログラムを見てみましょう!

 

 

プログラムを改造した箇所

前回と違うのは

  • M5Stack.hをインクルードする部分と
  • setupブロックの M5Stackの関連設定
  • loop内の serialに出力する部分を全部 M5Stack.Lcdに出力することにしました。せっかくなので、液晶LCDを活用したいですね

動作確認

証拠ビデオをとりましたので、こちらをご覧ください!

 

この投稿をInstagramで見る

 

#M5Stack できました! 昨日のプログラムを改造して M5Stackで #ビットコイン の値段を表示させる動作ビデオ ご覧ください。

賢 川島さん(@kawashimaken)がシェアした投稿 –

 

まとめ

いかがですか?私はとても楽しかったです。

内部がEPS32なので、WiFiに接続するなど、完全に無修正で、動きます。あと、M5Stackの液晶を利用する部分は、シリアルモニターと比べて、ずっと直感的ですし、パソコンもいらないですし、USBケーブルを抜けばそのまま、動作します(設定されたWifi環境内)

課題としては、せっかくボタンがあるので、5秒間隔ではなく、値段がきになるときに、ボタンをクリックして、取ってくるのがもっと環境に優しいですよね。笑

また、画面更新時、アニメーションとか、ビットコインのアイコンなど色々追加すると、もっと「可愛く」なるかなと思います!

では、また改造していきたいので、アップデートがあったらまた共有します!

はてなブックマーク - M5Stackでビットコインの価格(日本円)を取得して表示する!
LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies. more information

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.

Close