React Nativeとは何か?

はてなブックマーク - React Nativeとは何か?
LINEで送る
Pocket

ReactFacebookが開発したJavaScriptフレームワークで、JavaScript言語一つで、ネイティブに描画されるiOSAndroidのアプリを作ることができます。

さらに、JavaObjective-C/Swiftのライブラリを自分で書いてReact Native自体を拡張することも可能です。

WebReactを使ったことがあれば、ターゲットがモバイルに代わるだけなので簡単に使い始めることが可能できます。

Reactと同様にReact NativeJavaScriptと、JSXと呼ばれるXMLライクなマークアップを使ってViewの部分を書きます。内部では、ネイティブのレンダリングAPIが呼び出されるので、WebViewではなく、正真正銘のモバイルのネーティブのUIコンポーネントが描画されます。もちろん、プラットフォームの機能であるカメラや位置情報といったデバイス依存のものも利用できます。

Nativeを使って安心できるポイントとして、Facebook, Instagram, Airbnb, Baiduといった名だたるアプリがこぞって採用しているということが挙げられます。どういったアプリで利用されているかはこちらのページで見ることができます。

スマホアプリを開発にしようとするチームにとって、規模を問わず、一つの言語で両方のプラットフォーム(iOSとAndroid)に対応できるアプリを作成できるという意味で、人件費削減や、コストを抑えるという面で大きな意味を持ちます。

また、JavaScriptという言語がWeb界隈ではよく使う言語なので、Objective-C/SwiftやJava/Kotlinと比べると習得するコストも 低いです。

もちろん、魔法なツールはどこにもないので、React Nativeにも様々な課題があります。

React Nativeを採用してプロダクションアプリを開発する際に、React Nativeの特徴、長所短所をある程度把握した方が望ましいでしょう。

Time Ticketでチケットも販売しているので、相談が必要な際はご購入をご検討ください。

弊社がReactNativeで開発している日本の補助金検索アプリ「補助金リーチ」
こちらからダウンロードができます。

補助金リーチ – 株式会社IDEAL WORKS

はてなブックマーク - React Nativeとは何か?
LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies. more information

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.

Close