ITイベント、ITセミナー、IT勉強会検索アプリ

はてなブックマーク - ITイベント、ITセミナー、IT勉強会検索アプリ
LINEで送る
Pocket

フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、インフラエンジニア、組み込み系エンジニア、ミドルウェアエンジニア

Pythonエンジニア、JavaScriptエンジニア、Rubyエンジニア、Swiftエンジニア、Kotokinエンジニア、ブロックチェーンエンジニア、データサイエンスエンジニア

#仮想通貨 の #取引所 を作ろうと!笑

賢 川島さん(@kawashimaken)がシェアした投稿 –

分類は、いずれにしよう、エンジニアとしては

常に、新しいものを勉強してインプットして、アウトプットして行かないと

持っている知識が(経験はそうでもないですが)すぐに、陳腐化していく恐れがあります。

IT技術インプットの重要性

1つの例として

私が、JavaScriptのエコシステムに夢中になって

積極的に、JavaScriptのフレームワークなどを触れて

自分のお客さんにも積極的にJavaScriptを利用したシステム構築を提案しています。実際にプロダクションで動いているシステムも複数あります。

しかし、一年、2年が経つと、やはり少し古くなってきますね。

古いかどうかというのも定義によりますが

しかし、世の中のものは、相対的であり、自分が「高速で」動いていると思っていても

ITの世界から見れば、それが「低速」だったり

あるいは、「ほぼ静止的に見える」

場合によっては、それが「後退している」すらになり得るので

「しんどい」かもしれませんが、常に最先端を追うのが必要ですし

厳しいITの世界に生き残る必要な手段だと言えるでしょう。

さらに言うと、これはIT業界に限らず、どんな世界でも言えることかもしれません!

常に、アンテナを張って、常に吸収、学習する

必要があれば、自分の体験を否定したり、unlearnしたりして、

「老害」にならない為にも、笑、どんどんバージョンアップしていく必要があります!

ITセミナイベントアプリの話

大分前置きが長くなりましたが、今日はITセミナイベントアプリの話をしたいと思います。

 

実は大分前、ITセミナーイベント横断的に検索できるアプリを作りかけていました!

そろそろ、時間を捻出して、これをリリースしたいなと思っています。

アイコンはこれになります!

Macさんが作ってくださったのです!ありがとうございます!https://twitter.com/mac_fun

https://www.instagram.com/mac_fun/ 間違いないようにMacさんをフォローしてくださいね!

前置きに話しましたように、インプットするのが大事です、常に新しい知識を触れることが大事ですと強調しました。

例えば、最近でいうと、IoT、人工知能、機械学習、ディープラーニング、TensorFlow、ブロックチェーン 、FinTec、などなどがとても熱いキーワードになっていますね。

もちろん、様々な業界で様々なイノベーションが起こされているわけです。

それらを触れる機会がとても大事です。インタネットで情報集取してもいいですが

最終的には、やはり自分の足で、そのコミュニティに入り込んで、その場所に身を置いて

自分の目で、耳で確かめるのがどうしても必要です。

そこで、セミナーイベントや、勉強会、コミュニティーの活動などに参加するのが一番直接で分かりやすいと思います。

セミナーイベントもアプリも万能ではありません!

もちろん、セミナーイベントに参加したからと言って、その技術をマスターしたとかということは全くありません。

このアプリを利用したら、技術レベルが上がるということもありません。

あくまでも「面白そう」というセミナー、イベント、コミュニティー活動を見つけるためにて助けするためのツールにすぎません!

技術構成

このアプリはJavaScriptのReact Nativeというフレームワークを使っています。

React Nativeとは何か?

前もいくつか記事で紹介しましたが

Facebookがバックしているフレームワークで、進化し続けています!

これも同様ですが、魔法なフレームワークでもなんでもないです。

iOSとAndroid両方のアプリを1つの(JavaScript)コードベースで書くことができます。かつ、JavaScriptの知識があれば、Nativeの SwiftやObjective-CやJava/Kotlinよりやや学習コストが低いというところがメリットです。しかし、ReactNativeもなかなか学習カーブがきついです。

ReactNativeを使ってアプリ開発をするときに、外部のライブラリーを大量に利用することになります。

こちらの記事をいくつか評判の良い、定番のライブラリーをご紹介しています。

2018年 React Nativeで真剣なアプリを開発するなら、絶対使うライブラリー!

この記事がとても人気で、ハテナブークマークでバズっていました!笑。

利用しているAPI

このアプリは以下の3つのウェブサービスのAPIを利用することになっています。

DoorKeeper

https://www.doorkeeper.jp/developer/api?locale=en

connpass

https://connpass.com/about/api/

ATND

http://api.atnd.org/

もちろん、他にもいつくかありまして、APIも提供されていますが

とりあえず、この3つあれば、ほとんどのITのイベントが揃っているのかなという具合です。

ライブラリーは

reduxを使ってステート管理をしています。これはもうほぼ定番ですね。

react-native-google-mapsも使って、会場を表示しています。

react-native-srcollable-tab-viewを使って、タブの切り替えを簡単にスムーズに実現しています。

他は特に難しいことをやる予定がありません。

もちろん、進化させていくつもりはあります!

まとめ

みなさん、もしこのアプリを使ってみたい、作り方を知りたいであれば、あなたの好きなSNSにぜひこの記事のシェアをお願いします。お金はいりませんが、人気ファンディングをしていきたいと思います!笑

ソースコードも徐々に整理して、そのうち、作り方などを記事にして公開していく予定です!そう、アウトプットしないとですね!笑。

では、よろしくお願い致します!

最近、ReactNativeとFirebaseの連携のところもやっています!そのうち、記事にしていきます!

タイムチケットもやっています!

https://www.timeticket.jp/items/32428

 

はてなブックマーク - ITイベント、ITセミナー、IT勉強会検索アプリ
LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies. more information

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.

Close